背伸びし過ぎずにワンランク上を選ぶのがベスト【今「一眼レフ」を買うならこれ一択!】

「今、○○○○買うなら何がいいの?」と聞かれた場合、何と答えますか?
編集部でも、そんな疑問に答えられる製品候補がたくさんありますが、今回は敢えて各ジャンルごと“一択“に絞って、編集部が製品を厳選。それぞれコスパ、機能、先進性などさまざまな視点で分析し、数多ある製品の中でもコレを買えば間違いない!! というデジタルグッズを紹介します!

 

一眼レフの正しい選び方

身の丈プラスαのチョイスがおすすめ
数万円で買える入門機から、100万円近いプロ機まで幅広い一眼レフ。用途を見極めて選びつつ、そこからさらにワンランク上の製品を狙ってみよう。

普段使いならまだAPS-Cサイズ機がおすすめ
20160311_Camera2_001
▲より高画質なフルサイズセンサー搭載機はまだ発展途上。連写性能など機能面で従来APS-Cサイズセンサー搭載機が上回るケースも。買い得度で選ぶなら後者だろう。

ステップアップを目指すならミドルクラスモデルを狙え
20160311_Camera2_002
▲本気でカメラを学んでいきたいという人にこそ、15〜20万円前後の中堅モデルをおすすめ。ユーザーの技術向上に対応できる懐の深さがある。