【レビュー】『Surface Book』に結実したマイクロソフトのノートPC提案

高速CPUだけでなくGPUまで搭載し、高性能を追求した究極の逸品

タブレットの「Surface」らしさのあるデザインを継承したノートPC『Surface Book』。最上位モデルではCPUに「Core i7」、16GBメモリ、512GBのSSD、そしてGPUとしてNVIDIAの「GeForce」を搭載する、高性能モデルとなっている。ユニークなのが、これだけのスペックながら本体とキーボードが分離し、タブレットとしても利用できること。GPUはキーボード側に内蔵されているため、タブレット利用時はCPU内蔵グラフィックとなるが、これだけの性能を手軽に使えるというのは魅力的だろう。

液晶は13.5型で3000×2000ドットの高精細。内蔵のカメラは生体認証の「Windows Hello」に対応しているため、