人工エラは残念でしたが……PC系の話題が充実の一週間まとめ【週刊デジモノ!】

新入学シーズン到来。新製品情報も元気いっぱい!

新たな年度を迎え、期待と不安でドキドキのシーズンになりましたね。冬の間にはできなかったアクティブな活動をスタートするにもイイ時期です。そんな今週(2016年4月4日〜4月8日)の話題を「週刊デジモノ!」で振り返ってまいりましょうー!

安全・安心しっかり管理。家庭のルータも心機一転の月曜日

20160404_NEC_000

自宅の無線LANが“見える“!?誰が繋いでいるかわかっちゃう4×4&11acの高速無線LANルータ(2016年4月4日掲載)

固定回線での快適なWi-Fiネット環境作りには欠かせない無線LANルータ。NECの最新モデル『Aterm WG2200HP』では、接続しているWi-Fi機器の状態をPC等で確認できる「見えて安心ネット」が使えるようになりました。不正アクセス対策にも効果的ですよ。

電子メモパッド登場で、PCの入力環境に変革の予感を見た火曜日

tbl002memopad01

LINEで使えて、テキストデータ変換も。手書きメモパッド『400-TBL002』(2016年4月5日掲載)

サンワサプライの電子メモパッド『400-TBL002』は、単体で伝言板やメモとして使えるのはもちろん、PCとUSB接続すればOCRで手書きからテキストデータへの変換、さらに各種アプリケーションとの連動までできるというスグレモノ。本体内にメモリを備えていないのが、ちょっとした弱点でしょうか。

クラウドファンディングの「あちゃー」な面を垣間見た水曜日

20160406_Triton_000

えーと、やっぱり無理でした。水中で呼吸ができる人工エラ『Triton』は実現不可能(2016年4月6日掲載)

そうです。お察しの通り、水中呼吸装置こと人工エラ『Triton』です。世紀の大発明かと期待されながらも「現在の技術では実現できない」と判明してキャンペーン終了に。集められた資金は出資者たちへと返金されたのだそう。その額なんと1億円近く……。

「薄くてゴージャス!」そんな憧れノートPCに心躍った木曜日

20160406_HP_000

世界最薄ですって!厚さわずか10.4mmで超絶かっこいいノートPCがHPから登場(2016年4月6日掲載)

最新のMacBook(13.1mm)さえ大きく引き離す、10.4mmという驚異的な薄さを誇るのが、米HPの13.3型ノートPC『Spectre』です。その刃物じみた極薄ボディもさることながら、「金と黒」というシックでゴージャスなカラーリングやデザイン性も評価が高いんですよね。さて、日本での発売はされるのでしょうか?

そうそう、ちなみにPCといえば、今週はASUSのスティックPCも人気を集めましたよー。

知らないうちにガレージがハイテク化しててビックリの金曜日

ryobigarage01

多機能すぎ!? リョービの「ガレージ扉オープナー」の超進化にビビる(2016年4月8日掲載)

もう「ガレージドアオープナー」と呼んでいていいのか、とまで思う超進化です。リョービの『Garage Door Opener Module System』には、シャッター開閉機構だけでなくLEDライトや駐車アシスト機能、さらには扇風機やBluetoothスピーカーまでドッキング。これまでのイメージとはまったく違う、快適なガレージの未来像がここにあります。

 
スマホ・タブレットに押され気味かと思われがちなPCの周辺も、まだまだ面白い話題は出てきそう。そしてガレージみたいな予想外の領域までスマート化されていっちゃうんだなぁー。また来週もDIGIMONO![デジモノ!]で未来を変えるモノゴトぜんぶをばっちりチェックしてくださいね!

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)