【4Kテレビ2016春夏まとめ】パナソニック編:最上位『DX950』の圧倒的画力!

4Kテレビ各社の大量モデルチェンジがスタート! メーカーごとの今季最新ラインナップから要点をわかりやすく解説します。

画質を大きく底上げしたパナソニック。4Kは全モデル刷新へ

パナソニックの最新4Kテレビは待望のフルモデルチェンジ。先行して1月に発表されていた廉価モデル『DX750』『DX600』に加え、上位クラスもいよいよ一新となります。高画質化の鍵となる「直下型バックライト+エリア駆動」をとことん作り込んだ最上位機『DX950』を始め、上位3シリーズでは液晶パネルに“新赤色蛍光体”を採用。これまで表現できなかった深みのある赤色の表現が可能に。

動画配信サービスへの対応も積極的で、いずれの新製品もHulu、Netflix、dTV、Amazonビデオ/プライム・ビデオほか豊富なVODサービスに対応。Netflix、dTV、Amazonでは4Kコンテンツも楽しめます。

最上位モデルは「史上最高画質」へ! 「ビエラ」最新注目モデル