ベルトに装着だ! ウェアラブル冷暖房システム『MiClimate』

バイク乗りにも冷暖房の快適さを。いわば「着る空調」です。

クルマにはあってバイクにないものといえば、なんといってもエアコンです。寒い冬の過酷さはもとより、炎天下の渋滞に巻き込まれたりすると、本格的に体調が悪くなることだってしばしば。そこでライダーたちの助けになりそうなのが、ウェアラブル空調『MiClimate』です。仮面ライダーの変身ベルトではありませんが、この空調もベルトに取り付ける装置なんですよ。

この装置は過酷な環境下で任務に当たる兵士のために、米海軍が開発した技術がベースになっているのだそう。腰に取り付けたユニットから衣類の内側に送風することで、エアコンとしての役割を果たします。

miclimate02 miclimate03

バイクのバッテリーからパワーを得ることもできますが、バイクを降りても単体で約4時間動作するように作られており、ライダーのみならず屋外で働く人々にとっても重宝するアイテムになることでしょう。また、エアコンの操作には無線コントローラを使い、バイク搭乗時にはハンドルバーに装着可能です。

miclimate04 miclimate05

プロジェクトの紹介ページではゴルフなどのスポーツ用途も想定しているとされているものの、重さはともかくサイズ的には若干かさばるように思えますね。釣りなどのあまり動きがないレジャーでなら快適に使えるかも?

miclimate06

クラウドファンディング「Indiegogo」では249ドルのスーパーアーリバードからの各種出資枠が設けられており、うまくいけば2016年10月には出荷される予定。季節を問わずバイクに乗りたい人々にとって、非常に魅力的な製品ではないでしょうか。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

Indiegogoページ