【特別対談】テレビに人工知能が入るってこういうこと。『AQUOSココロビジョンプレーヤー』が目指すもの

従来のテレビとVODを渾然一体にするスマートさ、しかし誰にでも使える簡単さ。シャープ渾身の“新しいテレビ像”が見えてきました!

シャープが6月10日に発売する『AQUOSココロビジョンプレーヤー』は、液晶テレビ「AQUOS」に接続して楽しむ外付け型のSTB(セットトップボックス)。本製品では接続したテレビのことと、視聴しているユーザーのことを学習する機能、つまりAIを搭載したのが最大の特徴です。この異色のプレーヤーの正体は? シャープが仕掛けていくこれからのテレビとは? DIGIMONO!/デジモノステーション編集長・岡部信による開発者取材をお届けします。

今回の話を伺った、シャープ株式会社 コンシューマーエレクトロニクスカンパニー クラウドサービス推進センター サービス事業企画部 参事 チームリーダーの稲本 憲さん(写真:左)、同社デジタル情報家電事業本部 グローバル開発センター グローバル商品企画部 主事の林 里奈さん(写真:右)。
今回の話を伺った、シャープ株式会社 コンシューマーエレクトロニクスカンパニー クラウドサービス推進センター サービス事業企画部 参事 チームリーダーの稲本 憲さん(写真:左)、同社デジタル情報家電事業本部 グローバル開発センター グローバル商品企画部 主事の林 里奈さん(写真:右)。

動画配信サービス「COCORO VIDEO」を内包する
クラウドサービス「COCORO VISION」