ゲーム界の重鎮、SIE吉田修平氏が語る『PlayStation VR』にできること

累計実売台数3500万(※2016年1月3日時点)を超える『PlayStation 4』と組み合わせてこれまでにないVR体験を提供する『PlayStation VR』。ゲーム業界の重鎮であるSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)吉田修平氏に、その狙いを問う。

 

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
PlayStation VR
価格:4万8578円 10月発売予定

psvr01

VRが切り拓く新たなゲーム体験
『PS4』に接続して利用するVRヘッドセット。モーションコントローラー「PlayStation Move」に対応したタイトルもある。

 

従来のヘッドセットと比べて明確に軽く、前後の重量バランスも絶妙だった。これなら長時間の利用も苦にならないだろう。
従来のヘッドセットと比べて明確に軽く、前後の重量バランスも絶妙だった。これなら長時間の利用も苦にならないだろう。
額〜頭頂部の広い範囲を使って固定するバイザースタイルを採用。サイズ調整も簡単に行なえるように工夫されている。
額〜頭頂部の広い範囲を使って固定するバイザースタイルを採用。サイズ調整も簡単に行なえるように工夫されている。
ヘッドセットと『PS4』を繋ぐケーブルには簡易リモコンを配置。音量調整やミュートなど、ちょっとした操作を行なえる。
ヘッドセットと『PS4』を繋ぐケーブルには簡易リモコンを配置。音量調整やミュートなど、ちょっとした操作を行なえる。

50年前に完成していた理論を今、最先端技術で実現する

この3月に先行者『Oculus Rift』の出荷がいよいよ開始されるなど、いよいよ現実のものになりつつあるホームVRの世界。その堂々たる“大本命”と目されているのが、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が10月に発売する『PlayStation(以下PS VR)』だ。