もはやスマホ旧料金プランを使い続けるメリットはない!? なぜなら……

【シリーズ】スマホ料金大幅値下げ10+1の法則・キャリア料金プラン編

総務省の要請を受けて、各社が料金体系を見直し。“2年縛り”の条件が変更されたほか、低容量のデータプランが新設された。不要なオプションを解約するだけでも一定の削減効果が得られる。第2回は、通話定額以前の旧プランを使い続けるメリットはあるのか? というポイントについて考える。

 
通話料が従量課金の旧プランとの差額はわずか!

旧プランを使い続けるメリットはあまりない

スマホの料金プランとして、すっかりおなじみになった「通話定額プラン」。通話料が基本使用料に含まれるため、通話が多い人には適している。そのため、通話が少ない場合はメリットが感じられず、通話料が従量制の旧プランのまま利用し続けている人もいるだろう。