あの携帯ゲーム機とほぼ同サイズ!超小型ゲーミングPC『GPD WIN』

「自宅でハマっているあのPCゲームを電車の中でも楽しみたい」という人に朗報!

香港の携帯ゲーム機メーカー「GPD」が開発したゲーム用コントローラ付きの超小型PC『GPD WIN(ジーピーディー・ウィン)』が日本に上陸します。日本では誰もが知っている「あの携帯ゲーム機」とほぼ同サイズという本製品を、3つのポイントで要約してご紹介しましょう。

ゲーマー向けにジョイスティックや十字キーを搭載

001

『GPD WIN』は、ゲーム用コントローラを搭載した超小型PC。QWERTYキーボード部分には、ポインティングデバイスにもなるジョイスティックのほか、十字キーやA・B・X・Yボタンなどが配置されています。これにより、キーボード操作では難しかったPC向けのゲームを、デスクトップのみならず電車の中や仕事の休憩時間、授業の合間に手軽に楽しめちゃうんです。

003 004

本体はクラムシェル型の筐体を採用し、155mm×97mm×22mm、重さ約300gという超小型・軽量を実現。ぶっちゃけ言っちゃうと、ちょうど『ニンテンドー3DS LL』とほとんど同じサイズ・軽さというわけ。

普段使いのノートPCや持ち運び用のサブ機としても十分なスペック

005

また、液晶画面は5.5インチ(解像度:1280×720)で、OSはWindows 10を搭載。CPUはIntel Atom X5 Z8550(基本周波数:1.44GHz、バースト周波数:2.4GHz)、RAMは4GB、ストレージは64GB eMMC。また、USB type A、Micro USB、Mini HDMIなどの外部ポートを備え、バッテリーは、6〜8時間のオンラインゲーム、80時間の連続音声再生、8時間の連続動画再生に対応した6000mAhのリチウムポリマーバッテリー(LiPoバッテリー)を搭載。

これはもう、普段使いのノートPCや持ち運び用のサブ機としても十分使えるスペックですよね。

■Makuakeでは受け付け終了。その後の一般販売に期待!

002

なお、同機は現在、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて、GPD社製品の国内総代理店となる「緑屋電気」のプロジェクトとして、国内向けにカスタマイズ(国内技適取得済)された製品の資金支援募集という形の予約販売ページが開設されているものの、本稿執筆時点ではすべての支援コースが「在庫切れ」となっています。

Makuake限定価格は3万4000円となっていますが、一般販売想定価格は5万5000円(税込)とのこと。ちなみに、量産効率が向上した場合は正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もあるそうです。楽しみですね!

006

 
文/吉野ヤタロー

関連サイト

Makuakeのプロジェクトページ
緑屋電気