スパイクが生えてくる靴を実現!? プログラム可能な形状変化素材をMITが開発

生き物みたい! 変幻自在!

米国のマサチューセッツ工科大学、MITメディアラボが発表したところによると、同研究所の「Tangible Media Group」は現在、プログラム可能な形状変化素材『Exoskin』の開発に取り組んでいるとのこと。

exoskin03

この技術を応用すると、やがては靴底が変形してスパイクになるスニーカーや、グリップ力を変化させられるタイヤといったモノたちが誕生するかもしれません。