ジャーナリスト本田雅一、アップルを語る「世界の中心となった企業が不動なのは当然」

全10回シリーズ「アップルは本当に『終わった』のか?」 (第7回)

「アップルはもうイノベーションは巻きこせない!」 「ジョブズが亡くなり、アップルは終わってしまった…」 そんな評論記事や声高に叫ぶ人たちをネット上で数多く見かける。はたして、本当にアップルは『終わった』のか? その答えを、日本を代表する10人の賢者に訊く。第7回は、商品企画・開発コンサルタントとしても活躍する、テクノロジジャーナリスト本田雅一氏の視点から「結局のところアップル製品とは何なのか?」に切り込んでいく。

たしかに今のアップルはつまらない。でも製品は相変わらずすばらしい

テクノロジジャーナリスト、A&V評論家、商品企画・開発コンサルタントとして活躍中の本田雅一氏。幅広いジャンルに渡る豊かな知見と、それがもたらす鋭い筆致は業界の内外から高く評価されている。そんな本田氏に、近年のアップルを取り巻く“失望感”について訊いてみた。