Windows 10のおせっかいな機能「スナップ」をオフにする

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

勝手に拡大&並べ替えしてくれるスナップ機能をオフにする

画面を分割してウィンドウを手軽に並べられるのがスナップ機能ですが、ウィンドウの位置をぎりぎり端に置こうとすると勝手に拡大したり、他のウィンドウまで勝手に並べ変えようとしたりと、機能してほしくないときでも動作してしまうのが悩みどころ。もちろん、うまく使いこなせば便利な機能ではあるものの、意図せずに動作してしまえばただのおせっかいです。

自分好みのサイズと位置にウィンドウを並べたい人なら、このスナップ機能をオフにしてしまいましょう。

win14-01
▲ウィンドウをドラッグしたまま画面端に移動すると、自動的に画面を分割してウィンドウを拡大表示してくれるスナップ。場合によっては便利ですが、単純にウィンドウを端に移動したいというときでも機能してしまいます。

win14-02
▲スナップをオフにするには、「設定」の「システム」にある「マルチタスク」から、「ウィンドウを画面の横または隅にドラッグしたときに自動的に整列する」をオフに。

なおスナップ機能がオンの場合、ウィンドウをドラッグしたまま上端へ移動すると画面最大化、左右端でウィンドウを画面の半分サイズへ変更、右上・右下・左上・左下では4分の1サイズに変更されます。

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ