つかんでフルフル。Windows 10でほかのウインドウを瞬時に最小化する

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

任意の1つのウィンドウだけを残して、他のウィンドウを手早く最小化する

複数のアプリを起動し、次々と切り替えたり連携したり使えるのがWindowsのいいところですが、広い画面を使っていると、どうしてもウィンドウが散らかりがちになります。デスクトップのファイルを確認したいためだけに、ウィンドウを片っ端から最小化していくのはスマートではありません。

こんな時はショートカットキーが便利です。すべてのウィンドウを最小化したい場合は、「Windowsキー+M」を使いましょう。今度は「Shiftキー+Windowsキー+M」と押せば、最小化したウィンドウを元に戻せます。

なお、すべて最小化した状態で開いているウィンドウを操作しても、「Shiftキー+Windowsキー+M」で最小化する前の状態に戻りますが、別のウィンドウを新規に開くと、最小化されたまま戻りません。この点だけは注意しましょう。

タブレットPCだとキー操作は難しいですが、ウィンドウのタイトルバーをドラッグ(タップ&ホールド)したまま左右左(もしくは、右左右)と素早く移動すると、ドラッグしているウィンドウ以外が最小化されます。もう一度やると元に戻りますので、ほぼ同じ機能が使えます。ただし、「スナップ」機能をオフにしていると使えません。

win15-01
▲ウィンドウで散らかった画面でも、任意のウィンドウのタイトルバーをつかんで左右に小さく動かすと……。

win15-02
▲動かしたウィンドウ以外がすべて最小化。利用中以外のウィンドウを最小化したい時に便利な技です。

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ