なんとモーター14発! NASAの最新実験機『X-57』は電気飛行機だった

燃料消費、排出ガス、そして騒音の問題を低減してくれるかも。

宇宙開発について語られることの多い「NASA(アメリカ航空宇宙局)」ですが、航空機の世界においては先進的な実験機・記録機のシリーズ「Xプレーン」でも広く知られています。先日発表された最新のXプレーンこそ、主翼前面に14基の電気モーターをびっしりと並べた電気飛行機『X-57 マクスウェル』です。NASAのチャールズ・ボールデン氏によれば、この機体は航空機の新時代をひらくための最初のステップになるだろうとのこと。