良い眠りと良い目覚めを ゲットするための10の常識・非常識

眠りを制する者が人生を制す!
 

睡眠は”1日の終わり”ではなく”翌日の始まり”。人は多くの時間を睡眠で費やしている。だからこそ、眠り方が重要なのだ。心と体が休まらない、無意味な眠りをやめて、正しく眠る方法とそれをサポートしてくれるギアを紹介しよう。まずは睡眠コンサルタントの友野なおさんに正しく眠る方法を訊いた。眠りに関してはさまざまな都市伝説があるが、そのほとんどは間違っているという。

 

睡眠五感を整えるのが良い眠りへの近道

睡眠は体と脳の健康のためにとるものです。現代はストレス社会なので、しっかりと眠ることで体を内側からメンテナンスをして、その日の疲れを解消し、翌日頑張って働くための活力を充電することが大切です。そして、この2つをしっかりと同時進行でできるのは、睡眠だけなんです。

例えば、ネズミを3週間ぐらい眠らせないで、活動させると死んでしまいます。これは同じ動物である人間も同じこと。眠らずに生きていくことは出来ないんです。人間にとって、眠ることというのは、生命維持のための自然的な、そして普遍的な習慣なんです。