【検証】4Kのムダ使いか?でも…4Kテレビになってもスーパーファミコンがやりたいんだ!

一人暮らしの六畳間で55V型の4Kテレビと暮らすシリーズ番外編。とにかくスーファミで遊びたくて仕方がない話。

ソニーの最新大型4Kテレビ『ブラビア KJ-55X9300D』を長期にわたり貸し出してもらえることになった筆者宅。これまで設置のこと、画質のこと、音質のこと、観るコンテンツのことなどをレポートしてきましたが、まだやれていなかったことがあります。それはゲーム! ……といっても、最新ハードの最新ソフトを最高の画質で遊べるであろうことは承知の上。むしろ確認したかったのは、「古~いゲーム機は最新テレビでもちゃんと遊べるのか?」ということなのでした。

ソニー『ブラビア KJ-55X9300D』。55V型の4K上位モデルで、バックライトの部分駆動やHDR入力にも対応。本体の奥行きわずか36mm(スタンド部除く)という薄さも大きな特長だ。
ソニー『ブラビア KJ-55X9300D』。55V型の4K上位モデルで、バックライトの部分駆動やHDR入力にも対応。本体の奥行きわずか36mm(スタンド部除く)という薄さも大きな特長だ。

大きな画面と迫力の音でスーファミ復活だ!
ありがとう、ビデオ入力端子