Amazonお坊さん便で考える 「ネットと儀式は同居できるのか?」

古田雄介のデジタルタナトス

利用者没後のインターネットの動きや、社会におけるデジタル遺品の扱われ方などを追っている筆者が、「ネット上で命は永遠に彷徨う だから、意識せよ!」と啓蒙する新連載。第2回は、Amazonでも注文できる僧侶派遣サービス「お坊さん便」などのWebサービスを通じて、ネットと儀式性の同居の可能性について探っていく。