スマホで操作できるWi-Fiミニ四駆をつくろう! Cerevoの画期的改造キットがついに発売

大丈夫。超初心者でも親子でも楽しめますよ!

ネットにつながる家電・ハードウエアを多数手掛け、「ドミネーター」などでも大きな注目を浴びているCerevoが、スマホで操作できる改造ミニ四駆製作キット『MKZ4』を6月30日より発売。ミニ四駆メーカー・タミヤ協力のもと、同社の「ワイルドミニ四駆」に無線LANモジュールや操作用の基板、ステアリングのパーツなどの取り付けを可能にした改造キットです。

価格は、こうした電子工作キットとしては非常に安い5980円(税別/ミニ四駆別売)で、Cerevoの直販サイト「Cerevo official store」のほか専門店での店頭販売も予定しています。

『MKZ4』。無線LANモジュール、ミニ四駆操作用の専用基板とステアリングパーツ、基板実装に必要な各パーツがセットになった改造ミニ四駆製作キット。
『MKZ4』。無線LANモジュール、ミニ四駆操作用の専用基板とステアリングパーツ、基板実装に必要な各パーツがセットになった改造ミニ四駆製作キット。