早すぎても遅すぎてもイライラしちゃう。Windows 10でポインターの移動速度を変更する方法

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

ポインターの移動でイライラしないよう、速度変更でマウス操作を快適にする

普段何気なく操作しているポインター。目的の場所へ移動するのに、何度もマウスを持ち上げては横へ動かすという動作を繰り返している人も多いのではないでしょうか。あるいはこの逆で、ほんの数ドットだけ動かしたいのに大きく動いてしまい、慌てて戻したら、今度は戻しすぎて……という失敗を繰り返すというのもありがちな話です。

この原因は、マウスの移動量とポインターの速度がかみ合ってないことにあります。マウスの中にはこの速度を変更できる製品もありますが、そういった製品を使わなくても、設定を変更するだけで自分好みの速度へと変更できます。

繊細な操作が多いのであればポインターを遅くし、その逆に、大きく動かすことが多いのであれば速く設定すると快適になります。特に大きな画面を使っている人なら、速めに設定すると操作がしやすくなるでしょう。

win16-01
▲「設定」の「デバイス」にある「マウスとタッチパッド」を選択。ここにはホイールに関する設定しかないので、「その他のマウスオプション」をクリックします。

win16-02
▲「ポインターオプション」タブを開くと、速度に関する設定が出てきます。ここでポインターの速度を調整しましょう。

ポインターの速度は「適用」ボタンを押すことで変更されます。いきなり大きく変更せず、1段階動かしたら適用ボタンを押してしばらく試し、まだ操作しづらいようならまた1段動かし……といったように、様子を見ながら調整していくといいでしょう。自分にピッタリの速度が見つかれば、それだけ操作性が向上し、イライラも減ってきます。Windowsの操作に不可欠なデバイスの設定だけに、しっかりと見直しておきたいですね。

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ