国産車のスマート化はどこまで進む!?【スマホ時代クルマメーカーの逆襲(2)】

“クルマのiPhone化”と呼ぶべき新技術の導入は多くのメーカーで同時に進行中! 自動運転やその技術を使った取り組み、UIの革新などガラケーがスマホに変わった時のようなクルマの変革が進んでいる。第2回は日産、ホンダなど国産メーカーの新技術に注目!

 
NISSAN

電気自動車や自動運転のPRにも積極的

電気自動車や、それを使った自動運転の実証実験などに積極的に取り組む日産。電気自動車に不可欠なリチウムイオン電池やモーターの開発や、カメラやセンサーを使った自動運転技術に取り組むのはもちろん、電気自動車の魅力や自動運転車両で培った技術をアピールするユニークな取り組みにも積極的だ。実際の市販車に搭載されている技術から着想を得た、オフィスで自動で元の位置に戻る椅子は、市販こそされていないものの大きな話題を集めた。