未来志向の老舗、BMW編【スマホ時代クルマメーカーの逆襲(3)】

“クルマのiPhone化”と呼ぶべき新技術の導入は多くのメーカーで同時に進行中! 自動運転やその技術を使った取り組み、UIの革新などガラケーがスマホに変わった時のようなクルマの変革が進んでいる。第3回は今年創立100周年を迎えたBMWの取り組みを紹介!

 
BMW

自動駐車機能などを積極的に展開する

今年で創立100周年を迎えた老舗のドイツ・メーカー。電気自動車の『i3』や、プラグインハイブリッドのスポーツカー『i8』を発売するなど、先進技術を採用したモデルを積極的に展開している。自動運転にも取り組んでいるが、100周年を記念して発表されたコンセプトカーでは、ドライバーがハンドルを握るモードと、自動運転のモードをそれぞれ採用しており、運転を楽しむことも視野に開発されている。