パイオニア、DJに映像ミックス能力を授ける機材『DDJ-RZX』発売へ

DJたちよ、空間や次元をあやつるアーティストに進化するのかッ!?

このほどPioneer DJ株式会社から、プロフェッショナルモバイルDJ向けコントローラーとして『DDJ-RZX』がリリースされました。

同社の楽曲管理アプリの新機能「rekordbox video」に最適化したこのコントローラにより、音楽のみならず、なんと映像ファイルのミックスも可能になったということです。もしかして、これってスッゴク革命的なのでは?

3つのタッチディスプレイで、映像もミックスしたDJパフォーマンスを

ddjrzx02

『DDJ-RZX』で特徴的なのは、各デッキ部およびミキサー部に搭載した3つの7インチ・フルカラー液晶タッチディスプレイ。これにより2つのデッキ部に読み込んだ動画・画像などをモニターしながら、ターンテーブルによるスクラッチなどのDJテクニックを駆使した音楽・映像のミックスが可能になりました。

img_105426_4

その上、タッチディスプレイを触ることで複数のパラメータを同時に動かせるエフェクトパフォーマンス「TOUCH FX」機能を搭載。「映像に直接さわる感覚」で直感的で多彩な映像をリアルタイムに作り出すことができる、とのことです。

サポートしている映像ファイルもAVI、MPG、MP4、M4V、JPEG、PNG、GIFと充実しているうえ、ライブテキストの挿入、そしてGoProなどをライブカメラとして接続してのミックスだってお手のもの。動画・画像ファイルもUSB経由(しかも2系統!)で読み込めるため、DJ楽曲管理用のPCに加えて、独立した映像用PCも接続できますね。

楽曲に最適な映像、映像に最適な楽曲、どちらも思うがままにダンスフロアをリアルタイムにあやつれる、このコントローラーによって、もはやDJは空間プロデュースまで手に入れたというわけ。

究極!すべてのDJパフォーマンスを可能にする圧倒的なスペック

「DDJ-RZX」の3つのディスプレイは、もちろん従来型のDJミキサーとしても最高のパフォーマンスを提供してくれる予感。

img_105426_5

デッキ部のディスプレイでは、ミックスする音声ファイルのトラックタイトルやBPM、KEYなどの楽曲情報、音声ファイルの波形の表示が可能。さらにタッチセンサーx-yパッドとして、複数のエフェクトを同時にコントロール可能な「COMBO FX」や、SAMPLER機能にエフェクトをかけながらループの拍数をタッチディスプレイで調節できる「SAMPLER REPEAT」など、「これでもか!」と言わんばかりの豊富な機能を持っています。

img_105426_3

もちろんミキサー部もPioneer DJの誇るオーディオ回路を更にブラッシュアップしていて、高性能D/Aコンバーター(96KHz/32-bit)や96kHz、24-bitに対応した高音質USBサウンドカードを搭載。これにより従来のDJコントローラーよりも細部までクリアな音質で再生できるとされています。当然、外部のターンテーブルやマイクも接続できるので、オーセンティックなパフォーマンスも最高の音質でプレイできますよ。

およそ考えられるだけの機能を搭載し、しかも映像をあやつる能力まで手に入れた『DDJ-RZX』は、多くのDJをアグレッシブでアクティブなアーティストへと変身させてくれることでしょう。

 
文/大脇裕一

関連サイト

製品ページ
プレスリリース(@Press)