“聴こえやすさ”最重視のテレビ用スピーカー。『Olasonic TW-D77OPT』を古めのテレビで聴いてみた

「人の声がボソボソで聞き取れない問題」と「夜中にテレビの音量上げられない問題」を一挙に解決できるかも。

Olasonic(東和電子)から新しく発売されたテレビ用スピーカー『TW-D77OPT』。テレビ用としてはバータイプ(サウンドバー)や台座タイプの一体型スピーカーが主流の中、左右スピーカーとアンプをあえてセパレートにしたモデルです。同様のコンセプトで2011年に発売されロングセラーになった『TW-D7OPT』の5年ぶり後継機で、スピーカー筐体を大型化して音質をアップしているのが特長。価格はオープン、実勢価格は2万2500円程度となっています。

『TW-D77OPT』。末尾の“OPT”はオプティカル=光デジタル接続のことを示している。
『TW-D77OPT』。末尾の“OPT”はオプティカル=光デジタル接続のことを示している。

同社いわく、四角いスピーカーに比べ「余分なところが少なく効率がよく、音響として理想的である」という卵型形状も特徴的なこちらのスピーカー。スリム化・極細フレーム化が進み、スピーカーが貧弱になりがちな最新型テレビの音質をグレードアップさせるのが狙いの製品です。