これぞ走るマイルーム! トヨタ『ハイエース』カスタムのススメ

最近、にわかに人気が高まっているのが、トヨタのワンボックスカー『ハイエース』のカスタムだ。それも、エンジンや外装を改造するのではなく、広大な室内空間をマイルームのように仕立てるというもの。iPhoneにアプリを追加するように、必要なものを選んで自分好みに作り上げられるのがポイントだ。

シンプルで広大な空間をスタイルに合わせてカスタム

トヨタの『ハイエース』といえば、一昔前は商用車の代名詞だったが、最近ではキャンプや車中泊を楽しむファミリー層から、自転車やサーフィン、バイクなどの趣味を楽しむ人たち、それに移動式オフィスのように使うビジネスマンまで、多くの層にユーザーを広げている。人気のポイントになっているは、目的に応じてボディのサイズやシートアレンジ、オプションなどを多彩に選べること。さらに社外パーツも非常に充実しているので、これらを組み合わせて自分好みのスタイルにカスタマイズできることだ。

hia1412_02
トヨタ
ハイエース
価格:232万7891円〜

いわば、『ハイエース』の広大な空間はアプリをインストールする前の”素のiPhone”。そこに必要なアプリをインストールしていくように、自分だけのライフスタイル空間に仕立てていくことができるのだ。

キャンピングカー的に、移動する家やオフィスのように仕上げたり、サーフボードや自転車など趣味の道具を満載できるトランスポーターに仕立てたり、ライフスタイルに合わせてカスタムしたい。

iPhoneと『ハイエース』の共通点は、どちらもベースはシンプルで、アプリやオプションパーツを追加することで自分の
使いたいように仕上げていけること。そんな『ハイエース』のカスタムパーツとコンプリートカーを紹介しよう。

 
DIYカスタム

パーツを使ってマイルームにリノベーション

『ハイエース』をカスタマイズするパーツは、非常に多くの種類が揃っている。その中から自分に必要なものをセレクトし、DIYで好きな仕様に仕上げていくのは楽しいものだ。まず、基本となるのはベッドキットやテーブルなど。この2つを装着すると、内部がクルマとは思えない空間になってくる。あとは積みたい荷物に合わせたラックなどを選んでいけば、自分好みに使える空間の完成だ。

シートを工夫していつでも休めるベッドルームに
tr2
オグショー
ESダブルフリップベッド
価格:22万8000円
ベッドには畳み方や素材など、多くの種類が存在するが、これは両側に畳めるダブルフリップタイプ。真ん中だけ外すことも可能。

モバイルオフィスでどこでもノマドワーク仕様に
tr3
オグショー
ESフリップテーブル
価格:1万5000円
ベッドキットと組み合わせると、便利に使えるフリップタイプのテーブル。折りたたみが可能なので、スペースを有効に活用できるアイテムだ。

アクティブな趣味はギアやツールを上手に収納
tr4
TRAVOIS
ガレージバー
価格:1万9440円
天井に近い部分のスペースを有効活用し、趣味のツールなどを収納できるパーツ。釣用のロッドを収納できるものなどもある。
 

プロが施工してくれるサービスも
パーツを購入し、自分で組み付ける方法のほかに、プロに施工をお願いするメニューも用意されている。フロアパネルやベッドの取り付けなどは、お願いしたほうがキレイに仕上がる。

 

コンプリートカー
 

内外装が仕上げられている完成車を購入する

内装をいちからリノベーションするような場合は、ショップが販売しているコンプリートカーを購入するのも1つの方法だ。全てのパーツを別途購入するよりも割安になるし、はじめから統一されたイメージで仕上げられているので、自分の使い方にあったモデルが用意されていればお得だ。プロのショップで施工されているので、仕上がりももちろんバッチリ。

tr6
TRAVOIS
LB200SL
価格:445万5000円~
乗車定員7人(就寝可能なのは3人)の空間を誇るスーパーロングボディをベースに、レザー製の内装やフルフラットになるベッドを搭載したキャンピングカー仕様だ。

tr5
TRAVOIS
FT200SL
価格:411万円~
こちらもスーパーロングボディをベースに、キャンピングカー登録の場合は9人の乗車が可能。ベッドは2段式で大人6人の就寝でき、流し台なども装備される。

文/増谷茂樹

※『デジモノステーション』2016年8月号より抜粋