俺はポケモンマスターになれるのか!?「Pokemon GO」日記【ゲームを始める前に注意すべきポイント】

待ってた!待ってたよ!やっと日本でも始まった『Pokemon GO』

本日2016年7月22日、日本でも『Pokemon GO』(以下、ポケモンGO)の正式サービスが始まりました。海外の一部地域では先行配信が始まっており、この日を待ちわびていたという人も多いのではないでしょうか。と言うか、やり始めてる人多すぎだろ! 都内では、ポケモンGOをプレイしている人がかなり多いような印象です。

1996年に発売されたゲームボーイ版の『ポケットモンスター 緑』では、図鑑完成まであとちょっとというところまでやり込んだので、乗るしかない このビッグウェーブに。当然のようにポケモンマスターを目指す所存です。そうは言っても、なんだかんだでサトシがポケモンマスターを目指して18年くらい経過しているわけで、ポケモンマスターへの道のりは相当険しいことが予想されますが……。

20160722poke_001 20160722poke_002

そんなわけで、ポケモンGO日記を始めたいと思います。(個人ブログでやれよって言われそうな気もしますけど)これで堂々と日中にポケモンGOをプレイできるわけですよ。はっはっはー。

20160722poke_003 20160722poke_004

ポケモンGOのダウンロードはこちら↓
Android版
iOS版

さて第1回は、ポケモンマスターを目指すために、ゲームを始める前に注意すべきポイントをまとめてみます。

まず、本作でのトレーナーの目的は、現実世界を歩き回って、ポケモンを捕まえ、図鑑を完成させること(たぶん)。捕まえたポケモンを育てて、バトルをすることもできる。最初のチュートリアルを終えたら、あとはひたすら歩き回ってポケモンを捕まえていくことになります。

POINT ポケモンGOアプリは常に起動しておく。

注意したいのは、アプリを起動していないと、移動距離のカウントやポケモンの出現を知らせる通知がこないということ。つまり常にアプリは起動していないとダメです。

20160722poke_005 20160722poke_006
▲タマゴを孵化させるための移動距離もアプリ起動時しかカウントされません。

POINT 大容量のモバイルバッテリーをお供に。

ポケモンGOアプリは、位置情報やカメラ、常時通信など、起動していると爆速でバッテリーが減っていきます。体感では、1時間プレイするとiPhone 6sのバッテリーが1/3減る感じ。なので、モバイルバッテリーは必需品と言えるでしょう。1日中遊びたいなら、大は小を兼ねるで10000mAh級の製品を選ぶのが良いでしょう。

POINT アプリの設定でバッテリーセーバーをオンにしておく。

バッテリー問題の続き。アプリの設定でバッテリーセーバーをオンにしておくのがおすすめ。これで、スマホを下向けにすると画面が暗くなり、省エネモードとなります。多少はバッテリーの消費を抑えられるはず。

20160722poke_008 20160722poke_009

ひとまずゲームを始める前に注意する点はこのくらいです。究極的にはもう1台スマホを用意するのがベストな気がしてきました。
あ、あと、言うまでもないとは思いますが、歩きながらのスマホは危ないですよー。

つづく。

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト

『Pokèmon GO』公式サイト