グリルとレンジの合わせ技がウマい! パナソニック・ビストロ【スチームオーブンレンジ徹底レビュー3】

「食欲の秋」に向け、家電メーカー各社からスチームオーブンレンジの最新モデルが出そろった。過熱水蒸気を利用した「健康調理」、上下2段同時調理による「時短調理」、熱風循環機能を利用した「ノンフライ調理」など、さまざまな機能や特徴を各社が打ち出して売りにしてきた。しかし最近は「あたため機能」や「解凍機能」などの基本機能に立ち戻った感がある。この特集では、各社の最上位モデルの基本性能にスポットを当て、徹底的に比較してみることにした。第3回はパナソニック『ビストロ NE-BS1300』が登場。

 
p1
 
パナソニック
ビストロ NE-BS1300
実勢価格:17万3500円

マイクロ波をらせん状に放射して食品の中央部分から解凍する「サイクロンウェーブ加熱」を2015年モデルから採用し、解凍性能の進化をうたうビストロシリーズ。