知ってた!? 航空宇宙技術が息づく『インプレッサ』の運転支援システム

川端由美の「CYBER CARPEDIA」

進化はネクストフェーズへと移った。これからは走りではなく、 電脳化こそが自動車の未来を決める鍵となる。2020年の”自動車の常識”をモータージャーナリスト(日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員)の川端由美が現場から解説する。

 

THIS MONTH’S CYBER CAR

SUBARU Impreza
c2
スバルの次世代を担う新型プラットフォームを採用した「インプレッサ」。伝統の水平対向4気筒エンジンの改良版を搭載し、これまた十八番のシンメトリカルAWDで足元をかためる。静かで運動性能が高く、衝突安全性にも優れることに加えて、インテリアの質感もぐっと向上している。

スバルのスゴい技術は航空宇宙部門が支えている

自動車メーカーがひしめく日本において、国内最小の自動車メーカーであるSUBARUは、どう生き残りをかけていくか? ただでさえ、エンジン車の排ガスや燃費規制が厳しくなる上に、駆動力だけでも、ハイブリッドや燃料電池車、クリーンディーゼルといった幅広い技術が必要になる。さらに、自動運転やコネクティビティといった次世代に向けた研究開発も求められる。

……と、まあ、大上段に構える前に、SUBARUという社名に注目。実はコレ、来年に100周年を迎えるにあたって、50年以上の歴史を誇る富士重工業から、アルファベットのSUBARUに変えると発表されたばかりだ。大正時代の1917年に飛行機研究所として創設され、ゼロ戦の開発で名を馳せた中島飛行機が前身だ。戦後になって、中島飛行機の流れを汲む5社の出資で設立されたことにちなんで、”六連星=スバル”というブランド名が生まれた。