使い慣れている「デスクトップモード」でWindows 10タブレットを毎回起動するテク

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

タブレットでも普段のPCと同じように使いたい!

アプリやスタート画面が自動的に最大化され、タッチ操作に向いたレイアウトになるのが「タブレットモード」。その名のとおりタブレットPCがかなり使いやすくなるモードですが、デスクトップ画面に慣れている場合は、タブレット使っていてもタブレットモードにしたくないという人もいるかと思います。

タブレットモードは「クイックアクション」からいつでも簡単にオン/オフできますが、毎回サインインするたびにモードを切り替えるのは面倒。そこで、サインイン直後から好みのモードに変更する方法を紹介しましょう。

win25-01
▲タッチ操作がしやすいタブレットモード。アクションセンターの下にある、クイックアクションの「タブレットモード」ボタンで簡単に切り替えられます。

win25-02
▲サインイン時からタブレットモードにしたくないときは、「設定」を開き、「システム」にある「タブレットモード」を選択。「サインイン時の動作」を「デスクトップに移動」へ変更します。

サインイン時の動作として選択できるのは、「自動的にタブレットモードに切り替える」「デスクトップに移動」「最後に使用した内容を記憶する」の3つ。デスクトップ画面だけを使うのであれば「デスクトップに移動」、前回サインアウトしたときのモードで再開したいなら、「最後に使用した内容を記憶する」にしておきましょう。

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ