パスポート危機一髪! ドイツで「サソリ」に出会う【山根康宏のケータイ西遊記: 第4回】

ケータイ西遊記 -第4回- ドイツ/フランクフルト編

携帯電話研究家・山根康宏が、世界各地でお宝ケータイに出会うまでの七転八倒デジタル放浪記。

初の海外取材はドイツ。日曜休業が唯一の不満

香港での4年の駐在員生活を終え、自分が独立したのは2003年の春。独立後、最初の大きな仕事は毎年3月にドイツで開催される家電展示会『セビット(CeBIT)』の取材だった。初めて訪れたドイツは合理性を重視する社会システムや国民性など、なにもかもがしっかりしており、日本人にとって過ごしやすい国だった。