今晩はペルセウス座流星群のピーク! ネット生中継で観る方法

今年注目の天文現象

2016年8月12日の夜半すぎから、13日の明け方まで、活動のピークを迎えた「ペルセウス座流星群」が観察できます。今年は前日が上弦なため、ピーク当日に月が沈んで月明かりの影響が少なく、暗い流星まで見られるとされています。この好条件を見逃す手はありません。

家からでも流星を見られる

160811perseids02

夜空を見渡せる場所に行き、自分の目で実際に観察するのが一番ですが、どうしても家を出られない、または観察できる場所がないという人は、ネットでの生中継がオススメです。8月12日の20時50分から、ニコニコ生放送で「ニコニコ天体観測 ペルセウス座流星群2016を見よう」が放送。天体写真家の及川聖彦さん、タレントで宇宙女子の黒田有彩さんが出演し、流星群の観察の仕方も学ぶことができます。

ピークを過ぎても観察は可能

(C)国立天文台
(C)国立天文台

活動のピークを過ぎたからといっても、すぐに見られなくなるわけではありません。もし見逃してしまっても、8月15日頃までは、普段より多くの流星を見ることができます。中でも、13日の夜半から14日にかけては、ピーク同様に多く流星を観察できるでしょう。場所としては、街灯が少なく、空を広く見渡せるのがベストなので、そういう場所をあらかじめ探しておくというのもポイントです。
 

文/宮原れい

参考サイト:
ニコニコ天体観測 ペルセウス座流星群2016を見よう
国立天文台「ペルセウス座流星群について」