あれ……アイコンが……。Windows 10でアイコンのサイズがおかしくなった時の対処法

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

タッチパッドの操作で異常に大きく(小さく)なったアイコンを元のサイズに戻したい

Ctrlキーを押しながらマウスのホイールを上下に動かすと、アイコンサイズを変えられます。自分で意図して操作するときはいいのですが、複数のファイルを選択しようとCtrlキーを押しているときに、不意にマウスのホイールに触れてしまうとサイズが変わってしまいます。また、ありがちなのがノートPCにあるタッチパッドでの誤操作。画面スクロールのために2本指でなぞったつもりが、ピンチやストレッチになってしまい、アイコンサイズが変わってしまう事故が多くあります。

こんな時は落ち着いて逆の操作をし、大きくなっているなら小さく、小さくなっているなら大きくすればいいのですが、少しずつサイズを変更していくと、元のサイズになっていても微妙に違うような気がしてモヤモヤします。手早く確実に元のサイズへと戻したいのであれば、「表示」メニューからアイコンのサイズを選んであげましょう。

win26-01
▲意図せずにアイコンのサイズが変わってしまった場合でも、慌てずにデスクトップを右クリック。

win26-02
▲「表示」から「中アイコン」を選べば、段階的な変化ではなく元の大きさに一発で戻ってくれます。

なお、アイコンのサイズを大きくした場合、デスクトップにあるファイルやショートカットの位置がズレてしまいますが、アイコンのサイズを元に戻しても位置は元に戻りません。サイズを戻した後で、手動で移動する必要があります。

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ