“ローカルアカウント”でPCの使い分けを便利に。Windows 10での設定方法

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

Microsoftアカウントではなく、ローカルアカウントでサインインする方法

Microsoftアカウントは、Windowsのテーマや設定、ブラウザーのパスワード、予定表などの同期に加え、クラウドストレージのOneDrive利用など、多くの機能やサービスが活用できる便利なものです。PCを初めてセットアップするときやユーザーの追加設定では、Microsoftアカウントを使うのがデフォルトになっていますので、特に意識することなく使っている人も多いでしょう。

しかし、メインとサブとで複数のアカウントを使い分けたい場合や、ネットワークから切り離した環境でPCを使いたい場合、パスワードを設定せずPCを使いたい場合などは、ローカルアカウントが使いたくなります。

アカウントの設定画面は、一見するとローカルアカウントが作成できないように見えますが、実は、ちょっとした手順で作成できます。なお、ユーザーの追加時と、PCの初回セットアップ時では少し手順が違うので、両方紹介しておきましょう。

<ユーザーの追加で設定する場合>

win27-01
▲「設定」の「アカウント」で「家族とその他のユーザー」を選び、「他のユーザー」の追加をクリックすると、この画面が表示されます。ここでは「このユーザーのサインイン情報がありません」を選びます。

win27-02
▲すると「アカウントを作成しましょう」という画面になり、Microsoftアカウントの作成が始まります。ここで作成せず、一番下の「Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。

win27-03
▲このPCだけで使えるローカルアカウントの作成画面となります。ユーザー名は必須ですが、パスワードは設定しなくてもアカウントが作成できます。

<初回セットアップで設定する場合>

win27-04
▲PCの初回セットアップ時に表示される画面では、Microsoftアカウントがなければセットアップが続けられないような雰囲気がありますが、「この手順をスキップする」をクリックします。

win27-05
▲すると、すぐにローカルアカウントの作成画面となりますので、ユーザー名を入れて作成しましょう。パスワードは任意です。

なお、PCの初回セットアップ時にインターネットに接続する環境がなければ、最初からローカルアカウントの作成となります。

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ