Windows 10のソフトウエアキーボードを実キーボード配列で使う裏技

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

ソフトウエアキーボードを実キーボードレイアウトで使うには?

タッチ操作で文字入力ができる「タッチキーボード」は、タブレットPCの操作に必須の機能。しかし、タッチで文字入力がしやすいよう、実際のキーボードとは違う独自のレイアウトとなっているため、これに違和感を覚える人も少なくありません。もちろん、左右に分かれたキーボードや、手書き入力に対応するなど、別のレイアウトへと変更もできますが、やはりキーボード入力に慣れた身としては、実際のキーボードレイアウトで使いたくなります。

実は、タッチキーボードを実際のキーボードと同じレイアウトへと変更する項目は最初からあるのですが、グレーアウトしていて変更できないようになっています。

win28-01
▲タッチキーボードの右下、設定のメニューを開いても、一番右のレイアウトがグレーアウトしています。

そこで、この設定を解除し、通常のキーボードレイアウトを選べるようにしてあげましょう。解除といってもレジストリをいじるなどの難しいことは必要なく、「設定」の「デバイス」にある「入力」から変更できます。

win28-02
▲「設定」の「デバイス」から「入力」を選択し、「ハードウェアキーボードに準拠したレイアウトをタッチキーボードオプションとして追加する」を「オン」に変更します。これだけです。

win28-03
▲すると、先ほどまでグレーアウトしていた一番右のレイアウトが選択可能になっているハズです。

win28-04
▲このレイアウトを選ぶと、WindowsキーやAltキー、変換などのキーを含む一般的なキーボードのレイアウトへと変更されます。

アプリのショートカットキーなども利用できるため、操作性はかなり改善されます。とはいえ、縦画面ではひとつひとつのキーが小さくなってしまうため、逆に使いづらくなることも。シーンに合わせて、使いやすいレイアウトを選びましょう。

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ