「Snipping Tool」を使えばWindows 10の画面を簡単に画像として保存できちゃうんです

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

アプリやデスクトップ画面を簡単に画像として保存できる「Snipping Tool」を活用しよう!

アプリの設定が分からない場合や、挙動がおかしいといったことを知人に相談すると、「スクリーンショットを送って」といわれることがあります。「スクリーンショット」とは、表示されているアプリやデスクトップ画面を画像として保存することですので、つまり“画面を見せてくれ”という意味です。

スマホで画面を撮影して送るというのもひとつの手段ですが、せっかくPCを使っているのですから、PCでスクリーンショットをとる方が早いし確実です。一番簡単な方法は、「Windowsキー+Print Screenキー」を押すこと。これでユーザーフォルダのピクチャにある“スクリーンショット”というフォルダ内に、デスクトップが丸ごと保存されます。

しかし多くの場合、必要なのは挙動のおかしいアプリの画面だけです。ペイントなどで不要部分を削ってもいいのですが、それなら最初から必要な部分だけを保存できる方が楽です。

こんな時は「Snipping Tool」を使いましょう。

このアプリを使えばデスクトップ全体はもちろん、保存したい範囲を自由に切り抜いたり、四角く範囲指定したり、アプリのウィンドウ部分だけをキレイに切り抜いて保存したりといったことが可能です。

Snipping Toolは、スタート画面の「Windows アクセサリ」から選択するか、タスクバーにある検索ボックスに「Snipping」と入力することで起動できます。

win30-01
▲Snipping Toolを起動した画面。まずは新規作成の右にある▼をクリックします。

win30-02
▲すると、どの領域を保存するかが選択できます。今回はアプリのウィンドウだけを保存したいので、「ウィンドウの領域切り取り」を選択。

win30-03
▲メイン画面に戻るので「新規作成」をクリックすると、どのウィンドウを保存するかが選択できます。選んだウィンドウは赤く囲まれたうえ、他の部分は白く曇るので、どこを保存するのか一目でわかります。ウィンドウをクリックすると指定完了。

win30-04
▲すると画面が取り込まれ、Snipping Toolに表示されます。あとは保存ボタンを押して画像として保存してあげましょう。

メニューのサブ画面を開いた状態でスクリーンショットをとりたい場合などは、「遅延」を使うのがおすすめです。これは、「新規作成」をクリックしてからスクリーンショットをとるまでの待ち時間で、最大5秒まで待つことができます。これをうまく使うことで、アプリ操作の説明画像を保存するといったことにも活用できます。

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ