Kickstarterで1億円を集めた極薄ソーラー充電器、待望の日本上陸!

紙のように薄くて軽いのに、曇りでも充電できます!

長期キャンプなど電源の取れない場所で生活する場合、大容量のモバイルバッテリーがあれば携帯電話やスマホを充電できますが、バッテリーを使い切っちゃえばタダの荷物。ポータブル型のソーラーパネルもありますが、重かったり、かさばったり、充電に時間が掛かったりとイマイチな製品が多いんですよね。

YOLKの『Solar Paper(ソーラーペーパー)』は、2015年7月に米国のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて支援を募ったところ、目標金額の5万ドルに対して6297人の出資者からなんと102万ドル以上の資金を集めた、世界中から注目されているソーラー充電器(太陽光充電器)なんです。

本製品がこのたび、ついに日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」にも登場しました。

紙のような薄さ。さまざまなデバイスを充電可能