レーシングカーみたいなビジュアルにワクワク!レース特化型ドローン『DRONE RACER』誕生

空撮のためのドローンではなく、スピードを競うレース用のドローンのようです!

YouTubeなどで「ドローン レース」と検索するとたくさんの動画が出てくるんですが、楽しそうなんですよね〜。速いものは時速100キロも出るエアレース! カメラのついているドローンでは、ヘッドマウントディスプレイで見ながら操作することでドローンに乗っている感覚で楽しめたり。もはや新しいジャンルのスポーツになっています。

見た目はまるでレーシングカー!

じわじわと盛り上がりを見せているレーシングドローン界に、日本の老舗ラジコンメーカー・京商が満を持して『DRONE RACER』を投入することが明らかになりました。今回公開された『DRONE RACER』はまさに「レーシングマシン」と言うべきかっこいいビジュアル! 撮影用のドローンでは通常地面に水平に配置してあるプロペラも、斜めに配置してあって完全にレース仕様です。

コントローラーはR/Cユーザーおなじみのホイールタイプ

また本製品では、R/Cカーを操作していた人にはおなじみのホイールタイプのコントローラーを初めて採用。従来のドローンよりも直感的な操作性が実現します。初級モードと中級モードの2段階(Middle/Low)の速度切り替え機能も搭載。超音波センサーによりワンタッチ操作でテイク・オフから自動ホバリングまで可能で、初めての人でも簡単に地上35cmの地面すれすれを滑空するドローンレーシング体験ができるとのこと。現在はまだこれ以上の情報は公開されていないので、細かいディテールやスペックなど、早く詳細が知りたいですね!

さらなる情報は9月のホビーショーで!

「2016 第56回 全日本模型ホビーショー」京商ブースのイメージ図
「2016 第56回 全日本模型ホビーショー」京商ブースのイメージ図

本製品の詳細発表は、2016年9月24日・25日に行われる「2016 第56回 全日本模型ホビーショー」の京商ブースにて。特設コースを用いたデモンストレーションや展示が行なわれる予定です。いち早く情報を手に入れたい方はぜひ会場へ。

文/かたよせゆうた(And-Fabfactory)

2016 第56回 全日本模型ホビーショー

■開催日時
2016年9月24日(土) 9:30 – 17:00
2016年9月25日(日) 9:30 – 16:30

■開催場所
東京ビッグサイト 西3・4ホール(東京都江東区有明3−11−1)

■入場料
1,000円(税込) ※中学生以下無料

関連サイト

京商<KYOSHO>公式サイト
2016 第56回 全日本模型ホビーショー

関連記事

今夏の目玉は…「サーファー」!? ラジコン&ミニカー新作展示会が楽しすぎ!【京商・静岡ホビーショー直前レポ】
80年代ブームの熱狂再び。現代アレンジで蘇った復刻版RCバギー6選
飛行時間は500g級で最長! Parrotの最新ドローン『Bebop 2』