ネットで借りて、自宅に届く。「レンタルキャンピングカー」ってこんなに使える!

自宅からキャンプ場までクルマで移動して、キッチンで料理して、車内で寝るだけ。
家族や仲間と大自然を気軽に満喫できるのが、レンタルするキャンピングカーだ!

目的地に着いたら即座に自然でくつろげる!

キャンプの目的や手段は様々。キャンプはこうしなきゃいけない、という定義はないのだ。もし「自然の中で家族や仲間と過ごす時間を、手軽に楽しみたい」というなら、キャンピングカーの旅がお薦め。週末や大型連休は、観光地の多くのホテルや旅館が満室状態だが、キャンピングカーなら、好きな場所に行って泊まれるからだ。

テントやタープを設営して、バーベキューするのもキャンプの楽しみだが、そうした野趣溢れる旅は誰もが得意なわけではない。テント設営や火をおこすのは苦手でも、キャンピングカーならクルマの中で寝られるのはもちろん、車体の脇からオーニングを引き出せば、日陰も作れる。小さいけれどキッチンや冷蔵庫も完備しているのだ。

そんなキャンピングカーは、所有しようとしたら大ごと。だが今やキャンピングカーもレンタルできる時代。ネットで借りる手続きを済ませたら、借りる時も返却の際も、自宅前に来てくれるサービスもある。一般的なレンタカーを借りるよりも簡単なのだ。

大自然の中で、川のせせらぎを聞き、森にいる獣の気配を感じながら夜を過ごすのが、キャンプの醍醐味。そんなエッセンスを手間なく楽しめる究極の旅が、キャンピングカーでは頑張らずに堪能できるのだ。

r05
 

キャンピングカーは自走式の宿泊施設

家で言えば、キッチン&ダイニングやベッドルームを完備するのが、キャンピングカー。レンタルで借りられるキャンピングカーは、普通免許で運転できるものがほとんど。一緒に行く人数によって、設備や居住スペースの大きさを選べる。

r02 r03
キッチンとダイニングを完備。雨が降る日でも、楽しく食事できる。シートを倒せばベッドになるほか、屋根の下には、大人でもゆったりと眠れるスペースがある。

r06 r07
ほぼ全車が備えるのが、日よけとなるオーニング。さらに電源を供給できれば、冷蔵庫など電化製品も心配することなく使いたい放題。

ネットでカンタン予約、自宅で受け取り&返却

「レンタル キャンピングカー」でネット検索すれば、様々なサービスが見つけられる。なかでも、今回借りた「CAMP IN CAR」は、ほとんどのサービスの予約が、ネットで完結できる。レンタル料金にたった1000円をプラスするだけで、キャンピングカーを自宅前で受け取り可能。なにかと荷物が多く重たいキャンプ道具を、クルマに運び込むのもラク。もちろん返却時も自宅前でOKだ。

r08

おすすめレンタルサービス

オリックスレンタカー
r09
同サービスの霞が関ビル店では、ハイエースをベースとしたキャンピングカーをレンタル。国会議事堂前駅や虎ノ門駅などからほど近く、会社帰りに寄って、キャンプに出かけやすい。

CAMP IN CAR
r10
関東や近畿エリアを中心に、各地に貸し出し拠点を持つ日本最大級のキャンピングカー専門サービス。車種も多彩だ。プラス1000円で自宅前までの配車と引き取りサービスを利用できる。

レンタル キャンピングカーネット
c08
レンタルのキャンピングカー情報が一覧できるサイト。地域別に検索できるので、自宅周辺で利用できるサービスがすぐに分かる。レンタル料金の相場は24時間で2〜3万円前後。

 
 
文/河原塚秀信 撮影/下城英悟

※『デジモノステーション』2016年10月号より抜粋