高級トースターの次は「電気ケトル」! さすがバルミューダ、やっぱり洒落てる

コンセプトは、”毎日つかいたくなる電気ケトル”。

「バルミューダ」と聞くと、一世を風靡した2万5000円の高級トースターを思い浮かべる人が多いと思いますが、ほかにも加湿器や空気清浄機、サーキュレーターなど数多くの家電製品を開発・販売しているプロダクトメーカーです。

どの製品もデザイン性が高いため、ドイツとか北欧とかそっち方面のお洒落ブランドのような印象を抱いている人がいるかもしれませんね。でも実は2003年に東京で設立された日本の会社なんです。

DSC_0723

そんなバルミューダがこのたび、同社のキッチンシリーズとしての第2弾となる、電気ケトル『BALMUDA The Pot(バルミューダ ザ・ポット)』を発表しました。価格は1万1000円(税別)。発売日は10月21日で、既にオンラインストアでは予約受付を開始しています。

コンパクトだけど使いやすい容量600ml