パナソニック「ディーガ」新モデル速報。Ultra HDブルーレイ対応『DMR-UBZ2020』ほか6製品をチェック!

今年の秋冬も盤石のラインナップです。

パナソニックがBDレコーダー「ディーガ」の2016年秋モデルを発表。Ultra HD Blu-rayの再生に対応した『DMR-UBZ2020』ほか、全6製品を新たにラインナップに加えました。内蔵HDD容量やチューナー数など、6製品の内訳は下記のとおり。

『DMR-UBZ2020』(2TB HDD/3チューナー/Ultra HD Blu-ray対応) 想定実勢価格:10万円前後+税
『DMR-UBZ1020』(1TB HDD/3チューナー/Ultra HD Blu-ray対応) 想定実勢価格:9万円前後+税
『DMR-BRZ1020』(1TB HDD/3チューナー) 想定実勢価格:8万円前後+税
『DMR-BRW1020』(1TB HDD/2チューナー) 想定実勢価格:7万円前後+税
『DMR-BRW520』(500GB HDD/2チューナー) 想定実勢価格:6万円前後+税
『DMR-BRS520』(500GB HDD/1チューナー) 想定実勢価格:5万円前後+税

上位機『UBZ2020』『1020』は11月下旬発売予定、その他は10月中旬発売予定となっています。なお、発売中の最上位モデル『DMR-UBZ1』、全録モデル『DMR-BRX7020』『DMR-BRX4020』『DMR-BRX2020』、6チューナーモデル『DMR-BRG2020』の5製品は販売継続。

レギュラーのBDレコーダーがUltra HD Blu-rayに対応!