PCが不安定……そんな時は不要なアプリを削除!Windows 10でソフトをアンインストールする

不要なアプリやソフトをアンインストールして、ストレージの容量節約&システム安定化

ソフトのインストールで、機能や用途を広げていけるのがPCのいいところですが、あまりに多くインストールしてしまうと、ストレージ容量が圧迫されてしまいがちです。また、同じような機能のソフトを複数インストールしていても、使うのは1つで後は無駄になってしまいます。不要なアプリやソフトは早めにアンインストールして、無駄を減らしていきましょう。

とくに常駐ソフトやハードウェアと連携するようなものはシステムへの負担が大きいことがあるため、これらを少なくすることで、PCの動作が軽くなることも少なくありません。自分でインストールしたソフトはもちろんですが、PC購入時に初めからインストールされていたソフトなども、使っていないならアンインストールしてしまうといいでしょう。

アンインストール方法として有名なのは、コントロールパネルの「プログラムと機能」から行うものですが、これではストアから追加したアプリは削除できません。Windows 10でアンインストールをするなら、「設定」の「システム」にある「アプリと機能」を使うといいでしょう。

win41-01
▲ストアアプリのアンインストールも可能な「アプリと機能」。「設定」の「システム」から選択できます。不要なアプリを選び、「アンインストール」ボタンを押しましょう。

win41-02
▲以前のWindowsからある、コントロールパネルから起動可能な「プログラムと機能」。ストアのアプリはありませんが、表示量が多くて一覧性に優れているので、多くのソフトを次々アンインストールしたい場合はこちらの方が見やすいです。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ