1つのストレージを分割して使いやすく!Windows 10でドライブをパーティション分けするやり方

ストレージを分割し、「システム」と「データ」を使いわける!

新しいHDDやSSDを増設する場合、1つのパーティションだけを作り、単一ボリュームとして使うのもいいのですが、パーティションを分割すれば、複数のボリュームとして扱えるというメリットがあります。例えば「システム」、「プライベート」、「仕事用」、「一時利用」など、用途に応じてボリュームを使い分けたい場合に便利な機能です。

しかし、初めから1つのパーティションとして確保されている内蔵HDDなどでは、すでに利用中となるため最初に複数のボリュームを作るという方法が使えません。こんな時は、利用中のボリュームを縮小し、新しいパーティションを作れる機能を使ってみましょう。ただし、縮小できるのは連続した未使用領域に限られるため、空き容量があっても思うほどのパーティション領域を確保できないことがあります。

win43-01
▲スタートボタンを右クリックし、「ディスクの管理」を起動。分割したいボリュームを右クリックして、「ボリュームの縮小」を選びます。

win43-02
▲すると「縮小する領域のサイズ」を設定する画面が出るので、任意のサイズを入力します。意味が分かりづらい言葉ですが、つまりは、“分割して新しく作る領域のサイズ”ということです。例えば約30GBの新しいパーティションを作りたければ、この画面のように「30000」と入力します。

win43-03
▲無事に縮小できると、「未割り当て」として新しいパーティションができているはずです。

実際のところ、データファイルの管理や用途別にまとめるのであれば、わざわざボリュームでわけなくてもフォルダー管理の方が手軽です。Windows 8.1と10のデュアルブート環境を作りたい、といったような特殊な場合で活用するといいかもしれません。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技
その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

 

関連記事

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ