圧縮音源もハイレゾ音質で楽しめる!? ソニーのBluetooth+ノイキャンヘッドホン『MDR-1000X』がいろいろスゴい

ワイヤレスヘッドホンが手放せなくなったユーザーとしては超注目の一本。

「iPhone 7」と「AirPods」の発表以降、これまで以上に話題にのぼるようになったBluetoothヘッドホン。ソニーが新たに発表したBluetoothヘッドホン最上位機『MDR-1000X』は、同社ワイヤレスモデルの技術がこれでもかというほど詰めこまれた一台です。特に、非ハイレゾコンテンツ/非ハイレゾ対応機器で再生した圧縮音源をアップスケーリングできる「DSEE HX」をヘッドホン側に搭載したのは大きな特長といえるでしょう。

市場想定価格は4万円前後(+税)、発売日は10月29日を予定。カラーはブラック、グレーベージュの2色となっています。
(10/4 14:20追記)価格表記を訂正しました。

『MDR-1000X』(ブラック)
『MDR-1000X』(ブラック)

『MDR-1000X』(グレーベージュ)
『MDR-1000X』(グレーベージュ)

非ハイレゾ音源もヘッドホン側でアップスケーリング