2万円台からのハイレゾウォークマン一新!タッチパネルになった5色カラバリ入門機『A30』シリーズ

気軽にハイレゾ音源を持ち歩ける入門モデルがリニューアルです。

先日、最上位モデル『WM1』が発表されたソニーの「ウォークマン」。今度はハイレゾ対応エントリーモデルの『A』シリーズがモデルチェンジします。新製品となる『NW-A30』シリーズは新たに全面タッチパネルを搭載。本体重量はいずれも約98グラム、ハイレゾ再生は約30時間で、MP3再生は約45時間の長時間バッテリーとなっています。

ラインナップは下記の通りで、発売日はいずれも10月29日です。

『NW-A37HN』(内蔵メモリ:64GB/市場想定価格:4万4000円前後+税)
『NW-A36HN』(内蔵メモリ:32GB/市場想定価格:3万4000円前後+税)
『NW-A35HN』(内蔵メモリ:16GB/市場想定価格:2万9000円前後+税)
『NW-A35』(内蔵メモリ:16GB/市場想定価格:2万2000円前後+税/イヤホン非同梱)