今こそ要点整理! 「iPhone 7/7 Plus」の進化が日本ユーザーに嬉しい理由

2016年9月、実に2年ぶりとなる新型iPhoneが登場しました。一見すると従来モデルに似てはいるものの、中身は一新されたフルモデルチェンジ機ということになります。さあ、発売フィーバーが落ち着いてきた今だからこそ、iPhone 7シリーズの進化点と「できること」をしっかりと要点整理しよう!

ホントに使える機能が充実。完成度の高いアップデート

発表前からさまざまな事前リークはありましたが、ナンバリングが変わる大きなアップデートのタイミングということもあり、「iPhone 7/7Plus」には多くの新機能が搭載されました。しかも、その多くは日本のユーザーがこれまで求めてきた防水機能や、FeliCaによる決済機能など。日本市場にとっては特に重要な進化をはたした新iPhoneであると言えるでしょう。

現地発表会にも参加したITジャーナリストの西田宗千佳氏は、「サービス面、そしてそれを実現するハード面など、中身はまさにフルモデルチェンジです」とiPhone 7/7Plusの進化を絶賛します。

なかでも西田氏が強く押すのが、カメラ機能。リアカメラの画素数こそ、iPhone 6シリーズと同じではありますが、レンズもセンサーも新しくなっており、画質も大きく向上。また、iPhone 7に光学手ブレ補正機能が搭載されたほか、7Plusはデュアルカメラによる全く新しい撮影機能を実現しています。

サンフランシスコで開催された発表会会場 の外観。世界中からプレスが集まった。
サンフランシスコで開催された発表会会場
の外観。世界中からプレスが集まった。

また、日本でようやく使えるようになった待望のApplePayにも注目。

「SuicaはiPhoneの中でチャージできたり、特急券も買えるなど非常に便利。また、電子マネーのiDやQUICPay対応も見逃せない。これまでとは違う体験ができることは間違いない」(西田氏) 事前リークがほとんどなかった周辺機器として、現地発表会で大きくもりあがったのが、ワイヤレスヘッドホンのAirPodsの登場だ。西田氏は実際に使った感想として、「音漏れも少なく、音質も十分だと感じた。そしてワイヤレスながら、バッテリー駆動時間にも不満はない」(西田)と語っています。

一部では外観の変化が少ないことへの戸惑いも聞こえてきますが、それはカバーなどを装着することを考えたらあまり意味はない要素かも。iPhone 7/7Plusは「今手に入るなかで最高のスマートフォンであることは間違いない」(西田氏)と言えるのかもしれません。

iPhone 7/7 Plusの「6つの進化ポイント」を要点整理

i3
アップル
iPhone 7
実勢価格:7万8624円(32GB)、9万504円(128GB)、10万2384円(256GB)

【進化その1】新リアカメラ
i4
Plusだけでなく、iPhone 7のカメラにも光学手ブレ補正を搭載。画素数は1200画素だがセンサー、レンズともに新しくなった。

【進化その2】フロントカメラ
i5
ディスプレイ上部のFaceTimeカメラは7/7Plusともに700万画素にセンサー性能がアップ。セルフィでもより高画質で撮影できるように。

【進化その3】ステレオスピーカー
i6
新たにステレオスピーカーを搭載。本体下部の左右のスピーカーだけでなく、横向きに持ったときもステレオサウンドが再現できます。

【進化その4】新ホームボタン
i7
今回から物理ボタンではなく、MacBookと同じ感圧式に変更されました。反応の強さなどは3段階に調整できるので違和感なく使えるはず。

i8
アップル
iPhone 7 Plus
実勢価格:92664円(32GB)、10万4544円(128GB)、11万6424円(256GB)

【進化その5】デュアルカメラ
i9
iPhone 7 Plusでは広角、望遠の2つのレンズを搭載し、組み合わせて撮影ができます。また望遠モードでは2倍相当まで被写体に寄れるとされています。

【進化その6】処理性能
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
新開発のA10 Fusionプロセッサを搭載。クアッドコア動作で、GPU性能とあわせて飛躍的に向上。それでいて省エネ性能もアップしました。
 
文/コヤマタカヒロ 撮影/大久保惠造・コヤマタカヒロ

※『デジモノステーション』2016年11月号より抜粋