この冬は“ワイヤレスでも音質重視”が席巻! オーディオテクニカがBluetoothヘッドホンを4モデル一挙投入

ワイヤレスにしたい+音質も良くしたい! という欲張りにはうれしい季節が来そうです。

「AirPods」推しの「iPhone 7」登場以降、急速に盛り上がるワイヤレスヘッドホン。そんななか、オーディオテクニカが各種ヘッドホンの新モデルを一斉に発表。今年はBluetooth対応のオーバーヘッドタイプにかなり力が入っているようです。

(10/13 19:15追記)以下、製品発表会での写真など数カ所の追記を行いました。

161013_AT09

Bluetooth対応新モデルの概要は以下の通り。(発売日はいずれも11月25日)

ATH-DSR9BT 市場想定価格:6万円前後+税(aptX/aptX HD対応、Pure Digital Drive)★
ATH-DSR7BT 市場想定価格:3万3000円前後+税(aptX/aptX HD対応、Pure Digital Drive)★
ATH-AR5BT 市場想定価格:2万円前後+税(aptX対応)★
ATH-AR3BT 市場想定価格:1万円前後+税(aptX対応)

★印のモデルは有線接続時にハイレゾ対応。

上は6万円から下は1万円まで、層の厚いラインナップになりましたが、各製品を個別でチェックしてみましょう。

ATH-DSR9BT

重量:約315g 連続再生時間:約15時間
ATH-DSR9BT