広島東洋カープが前回優勝した「1991年」とはどんな年だったのか?

皆様、こんばんは。突然ですが、デジタルプロ野球ニュースです

去る2016年9月10日に、広島東洋カープが25年ぶりのリーグ優勝を果たし、ますます盛り上がっている、秋のプロ野球。え? 野球になんてまったく興味ない? いやいや、メジャーから凱旋帰国した黒田博樹投手が胴上げされたシーンを、皆様もニュース番組などでちょっとは目にしたのではないでしょうか?

もしくは、浅田舞がなぜか東京ドームでカープ女子っぽく応援して号泣したというつぶやきに、“お前、ドラゴンズファンだったはずじゃ……”とツイッター界隈がざわついたぐらいのことは、当然常識ですよね。えっ、知らない?

広島市民にとって、25年ぶりのリーグ優勝は歴史的瞬間!

そんな巨人とのリーグ優勝決定戦では、中継したNHKが広島における瞬間最大視聴率71%というとんでもない数値を記録。平均視聴率でも60.3%という、これまた恐ろしい数字を叩き出しました。昭和のプロレスで「力道山対ザ・デストロイヤー」の試合が64%、2002年FIFAワールドカップ「日本×ロシア戦」が66.1%。まさに広島市民にとっては、歴史的瞬間と肩を並べるほどの出来事だったようです。