A4×2画面! 楽譜に特化したAndroidタブレット『SONO』が気になるぞ

もう紙に印刷した楽譜をいくつも持ち歩く必要がなくなります!

さまざまな本が電子書籍化されているこのご時世なのに、いまだに「楽譜」だけは電子化の波に乗り切れていないんですよね。もちろん、楽譜の配布スタイルとしては電子化も普及しているのですが、PDFなどの楽譜をそのままタブレット画面に表示すると、画面が小さすぎて見づらいうえ、ひとつの画面では楽譜をめくる作業も大変。楽譜用にタブレットを買ったけど、結局「紙に印刷している」という人も多いのではないでしょうか。

このたび、クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場した『SONO』は、そんな不満を解決してくれる13.3インチの液晶タッチパネルを2画面搭載した、ビッグで二つ折りなAndroidタブレット。

一般的なタブレット画面では楽譜を表示するには小さすぎるのですが、これならA4サイズの楽譜をそのまま表示できるうえ、見開きで表示できるので、楽譜用途として最適なんです。拡げたときの画面は広大ですが、二つ折りにできるのでバッグや楽譜ケースにもラクに入っちゃうのも嬉しいところ。

専用アプリなら楽譜への書き込みも可能