マストバイだ! トランスフォーマー「オプティマスプライム」の映画10周年記念モデル【気になるロボトイwatch】

このサイズ・完成度とギミックで1万円……だと!? 欲しすぎる!

2007年から始まったハリウッド映画版「トランスフォーマー」は来年で10周年。これを記念して、タカラトミーでは歴代の映画版「トランスフォーマー」商品をベストセレクションとして続々発売予定です。2017年の年明けからリリースラッシュが始まりますが、その中でもひときわ存在感を放っているのが司令官=「オプティマスプライム」のアイテム。

161026_optimusprime_07 161026_optimusprime_08

▲『トランスフォーマー MB-11 ムービー10thアニバーサリー オプティマスプライム』(2017年3月下旬発売)

こちらは映画版第3作目(『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』)の「オプティマスプライム」で、当時の玩具は変形ギミックの完成度の高さから“ムービーアイテムの頂点”とも言われる逸品。その金型を再び使用し、国内未使用パーツを加え、さらにサウンドギミックも新たに内蔵したのが「ムービー10thアニバーサリー」モデルとなります。

定価1万円(+税)というやや高価格帯の商品ですが、大人の鑑賞にも十分耐えうる完成度・ギミックを備えており、ファンにとっては「むしろ安い!」と思わせるだけの内容。今回は、そんな10周年記念モデルのサンプル品をいち早く撮影することができました。