超高速AF&脅威の連写性能、ボディ内手ブレ補正機能まで搭載したソニー『α6500』登場

正統進化のフラッグシップ機に死角なし!?

海外では発表済みとなりますが(最近このパターンが多いっすね)ソニーのミラーレスカメラ『α6500』が国内でも正式発表されました。2016年3月に発売された『α6300』の上位に位置づけられる同社APS-Cミラーレスカメラの最上位モデルです。2016年12月2日発売予定で、ボディのみの想定売価は15万円前後(税別)。ポイントは、ボディ内5軸手ブレ補正機能の搭載とAFと、連写の性能向上です。

『α6500』は、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載するEマウントカメラ。有効2420万画素のExmor CMOSセンサーを搭載し、常用最高感度はISO25600、拡張時の上限がISO51200。画素数や感度はα6300と同じではあるものの、新開発センサーの搭載により、中、高感度時のJPEG画質が向上しているとのこと。

20161028α6500-001

ポイントその1は手ブレ補正機能。「α7 II」シリーズではすでにボディ内5軸手ブレ補正が採用されていますが、同社APS-Cミラーレス機では初めての搭載となります。それでいて従来の『α6300』と同等サイズのボディに収められているというのだから驚きですね。

手ブレ補正機能はAPS-Cセンサーに最適化されており、補正効果はシャッター5段分。装着できるすべてのEマウント純正レンズで機能するそうです。純正のマウントアダプタを使って装着したAマウントレンズでも利用可能とのこと。

20161028α6500-002 20161028α6500-003
▲ボディ内手ブレ補正機能の構造と、手ブレ補正ユニット。

ポイントその2はAF&連写性能。AFは像面位相差AFを搭載したファストハイブリッドAFを採用しています。測距点数は425点とレンズ交換式カメラで世界最多が謳われるほど。AF速度は0.05秒で、APS-Cセンサーのレンズ交換式カメラでは世界最速だそうです。また、AFの追従性はα6300の倍以上とのこと。

20161028α6500-004
▲425点の像面位相差AFセンサーと169点のコントラストAFが画面のほぼ全域をカバーします。

最高連写速度はAE/AF追従で毎秒最高11コマ、表示ラグを抑えたライブビュー表示の連続撮影モード「Hi」時で毎秒約8コマとなっています。画像処理エンジンには従来と同じ「BIONZ X」を採用しますが、新たに搭載したフロントエンドLSIと増量したバッファメモリのおかげで、連続撮影モード「Hi」、画質ファイン(JPEG)時で36秒間(307枚)までの連写が可能に。

そのほかに注目したいのはタッチパネルの搭載でしょう。画面上の被写体にタッチするだけで直感的にフォーカスを合わせる「タッチフォーカス」機能を搭載するほか、ファインダーを覗きながらでも、スクリーンをタッチパッドのように指でなぞる「タッチパッド」機能も装備。また、動画撮影中も、タッチでフォーカスの位置を変更できます。

20161028α6500-005 20161028α6500-006

もちろん動画撮影機能は4K対応。最大60倍のクイックモーション、最大5倍のスローモーション撮影も行なえます。

と言うわけで、フラッグシップに相応しく『α6300』の正統進化版といった印象です。『α6300』の発売からわずか9カ月でフラッグシップの刷新は早すぎる気もしますが、文句なしに“買い”ですね。

20161028α6500-007 20161028α6500-008

20161028α6500-009 20161028α6500-010

20161028α6500-011 20161028α6500-012

『α6500』の主な仕様は以下のとおり。

・レンズマウント:ソニーEマウント
・撮像素子:APS-Cサイズ(23.5×15.6mm)、Exmor CMOSセンサー
・有効画素数:約2420万画素
・ファインダー形式:1.0cm(0.39型)電子式ビューファインダー
・ファインダー視野率:100%
・ファインダー倍率:約1.07倍
・ISO感度(推奨露光指数):静止画撮影時:ISO100-25600(拡張:上限ISO51200)、AUTO (ISO100-6400、上限/下限設定可能)、動画撮影時:ISO100-25600相当、AUTO(ISO100-6400相当、上限/下限設定可能)
・手ブレ補正機能:イメージセンサーシフト方式5軸補正
・液晶モニタ:7.5cm(3.0型) TFT
・サイズ:約W120.0×H66.9×D53.3mm
・重量:約453g(バッテリーとメモリースティックPROデュオを含む)
・静止画ファイル形式:JPEG (DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.31、 MPF Baseline)準拠、RAW(ソニーARW 2.3フォーマット)
・静止画画質モード:RAW、RAW+JPEG、JPEGエクストラファイン、JPEGファイン、JPEGスタンダード
・動画ファイル形式:XAVC S AVCHD規格 Ver.2.0準拠 MP4
・動画圧縮形式:MPEG-4 AVC/H.264
・インターフェイス:マルチインターフェースシュー、3.5mmステレオミニジャック、Micro HDMI など
・通信機能:Wi-Fi、NFC
・静止画撮影可能枚数:ファインダー使用時約310枚、液晶モニター使用時約350枚

20161028α6500-013
▲ボディは『α6300』と同じくマグネシウム合金製。防塵・防滴にも配慮した設計となっています。

 

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト

ソニー『α6500』製品情報ページ

関連記事

【レビュー】これは死角なしの名機の予感。『α6300』はAPS-Cで最強のカメラかもしれない
これぞソニーのミラーレス最上位機種だ! 『α6300』が日本でも発売へ