なるほど! 四角い穴を一発で開けられる電ノコ『クアッド・ソー』

もうね、見たまんまのツールです。でも、なかなか思いつかないアイデアだったり?

4枚のノコ刃がついたこちらのツール、壁材などの石膏ボードに手早く四角い穴を開けるための『QUADSAW(クアッド・ソー)』と呼ばれる工具です。開発したのはロンドンに拠点を置くスタートアップ「Genius IP」で、すでに特許も取得しているのだそう。

quadsaw01

既存の電動工具(ドリル)を装着するだけで、一定サイズの四角い穴をいくつでも簡単に開けることが可能になります。なお、穴あけにかかる所要時間はわずか30秒以下。

従来の作業手順では、電気技師が壁コンセント用の角穴ソケットをカットするのに、およそ5分程度の時間がかかるのだそう。Genius IPによれば、英国に25万人いるとされる電気技師のすべてがクアッド・ソーを使うようになると年間16万時間の仕事量を節約できるとされています。ちなみにこれは年間3.2億ポンドの人件費に相当するんですって。

quadsaw04 quadsaw05

その形状を見れば一目瞭然ながら、ある程度決まった形・サイズの穴しか開けられないのが弱点といえば弱点。ですが壁コンセントなど定型の用途のみに使うと割り切れれば、作業の省力化に貢献してくれるのは間違いないでしょう。

quadsaw06

市販予定は2017年の夏とまだ先になるものの、Webサイト上ではすでに予約受付が開始されています。価格は199ポンド(約2万5000円)、英国内への送料は無料ですが、EU圏内なら18.95ポンド(2400円ほど)それ以外の国へは24.95ポンド(約3160円)の送料が別途かかる模様。電気工事ができる人なら、1台備えておくと自宅内に電源コンセントを増設する作業が格段にラクになるかも。それ以外にも「これぞ!」という使い道が思いつくDIY愛好家の皆さんにオススメしたいところですね。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

QUADSAW The Square Hole Cutter

関連記事

リアル・ライトセーバーかっ!! 2000度以上の高熱で鋼鉄を叩き切るトーチ
多機能すぎ!? リョービの「ガレージ扉オープナー」の超進化にビビる
モデラー必携か。加熱式3Dプリント仕上げ工具“MODIFI3D”が登場